スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり魅力ある船旅

かれこれ十年くらい前でしょうかね?
まだ東京の有明から北海道苫小牧行きのフェリーが出ていた頃、どうしても船旅がしてみたくて、友達と北海道へと旅立った事があるのです!

22時半ごろに出航だったような遠い記憶があるんですが、ギリギリに到着して走りこんで乗船し、あれよあれよと言う間に船は離岸。
物思いに浸る間もなく荷物を整理して「ふうー」と一息ついた時、船は大洗に到着していました。
どんだけ乗船してからはしゃいでいたのかを物語るエピソードだよね、と今でも友達と笑って話します。
大洗に到着したあたりから、友達との船内探検開始!
4月上旬だったのでまだ海風は冷たいんですけど、興奮がそんな事を気にさせず、きゃあきゃあ言いながら甲板に出た・・・・・・までは良いのですが、なんと真っ暗。
そりゃそうですよね、海には信号も家の灯りも無いんですから。

海にはただ、月の道のみが照っている・・・・・・。

本当に幻想的でした。
でも逆側の甲板に移動すると、その月明かりもなく、ただもうエンジンの「ボッボッボッボッ」という音が響くだけで、真っ暗で、鼻をつままれても分からない程の闇とはこんな感じなのかと思いました。

で、数時間きゃあきゃあ騒ぎながらご飯を食べたり(そうそう、食堂があるんですよ!)しているうちに、襲ってきました、例のやつ。
そう、船酔いです。
実は私は物凄く乗り物酔いをするんです。
はしゃいで興奮しすぎた気持ちが落ち着いた途端、それまでの上がりすぎてたテンションの反動が一気にやってきて、もう起きていられない程の船酔い。
友達と二人なので、気合で頑張ろうとしたんですけど、トランプをすればカードを見ているだけで眩暈に近い気持ち悪さが襲い、話をしていると頭がくらくらして、とうとう眠る事にしました。

当時、有明から苫小牧まではかなり乗っていたような記憶があるんですけど、時間はちょっとよく覚えてません。
乗船次の日は船酔いが続いて何をしていても辛かったんですけど、それを克服した途端再びテンションハイ!

折りしも仙台を船の上から朝日と共に見て(夕日だったのかもしれない・・・・・・)、久しぶりに見る陸地にとっても感激した覚えがあります。
今まで本で読んだりしていた冒険物語が俄かに身近に感じた瞬間でした(笑)

大浴場には丸い窓が切ってあり、お風呂に入りながら海を見ることが出来て、夜は月明かり、夕方は夕日を眺めながらとっても気持ちよい入浴をした記憶があります。
他にもダンスホールがあったり、カラオケシステムが整っていたりと、本当に始めての船旅は面白い発見の連続でした。

この私が経験した船旅は、商船三井フェリー「さんふらわあ」号だったんじゃないかなーと思うんですけど、今は路線が大洗から北海道の航路になっているみたいです。
大洗発18:30→苫小牧着翌13:30というダイヤがあったんですけど、つまり19時間で到着しているって事ですかね?
有明から苫小牧の時は24時間以上乗っていた記憶があるんですけど、時の流れと共にスピードがアップしたのでしょうか。



今でも北海道に行くたびに、あのときの旅の記憶が蘇ります。
時間があればまた(あれほど船酔いしたにもかかわらず)行きたいなーと思うんですけど、なかなかチャンスが無いんですよね、残念。

そんな商船三井フェリーから学生限定キャンペーンが実施されるそうです!

大自然と出会える船ならではの楽しみは、時間のある学生の時にこそ味わうべきものだと私も思います。海の上を進んでいく旅は、きっと何物にも変え難い経験になるに違いありません!

エコノミールームを予約するとカジュアルルームへ優待、また、カジュアルルームを予約するとスタンダードルームへ優待(先着5ルーム)されるそうなんです!
これは絶対にお得です。
期間は2007年12月5日(水)~12月19日(水)、2008年1月20日(日)~3月19日(水)。
年末年始の繁忙期を抜いたと考えて差し支えないと思いますから、丁度冬休みや春休みの時期にかかりますよね★
友達同士と行けばより楽しみもパワーアップ間違いなし。

キャンペーンについての詳しい事は商船三井フェリーのサイトでチェックしてください!
http://www.sunflower.co.jp/ferry/campaign/uminotabi/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
HMV検索ボックス
オススメ
カテゴリ
最近のエントリ
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。