スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトの流行廃り

ノーツ問題』と聞いて、すぐさまピンと来る人ってどれくらいいるんですかね?
かつでビジネスの現場にはLotus Notes(ロータスノーツ)というグループウェアがあり、大多数の会社がそれを使用していたんじゃないかと思います。勿論、今だって使っている会社があると思います。
かく言う私も、こっそりとロータス1,2,3なんか使っていたりしました。

考えても見ればまだ10年・・・・・・十数年前は普通にノーツが標準仕様のソフトとして頑張っていたんですけど、あっという間にマイクロソフトにその座を奪われてしまったんですよね。
とは言え、多くのNotesユーザーがいるという現状は想像するに難くないです。

だって、Notes用に開発したソフトもあるでしょうし、新しいシステムに移行する場合の費用だってとんでもなく大きいし、何よりも社員教育をやり直さないとならない。
パソコンは作業を効率化してくれるという大きな利点もある反面、常に、高額な運用・維持コスト、上位互換保障の問題、サポート切れ等頭の痛い問題がやってくるという側面もあるんですから。
まあ、言ってみればそれがNotes問題ですよね。

かつてWindowsNTがサポート期限が切れるだのなんだので会社が大騒ぎした事を思い出しますけど、サポート切れ等の問題はそのソフトを使うか・使わないかの決断を迫られる大きな問題ですよね。
きっと今もNotesユーザーが、Notesを使い続けるかどうするかという選択の岐路に立っているんじゃないかと思います。

でも、なかなかあっさりと「では明日からは違うグループウェアにしましょう」なんて簡単に決断が下せるほどのものじゃないですよね。
だって色々なデータが蓄積されているんですから。
本当に頭が痛くなっちゃいます。

そんな時とても役に立つのが、圧倒的な移行実績で培ったノウハウを持つドリーム・アーツのNotes移行ソリューションだと思います。
これを知っているのと知らないのとでは、その選択に大きな違いが出る事は必至じゃないでしょうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
HMV検索ボックス
オススメ
カテゴリ
最近のエントリ
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。