スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッドはやっぱり

引越しをする時にベッドを買ったんです。
しかしベッドって探し出すと本当に何を選んだら良いのか悩むんですよね~。
スプリング一つとっても各社それぞれの特徴があって、柔らかいものが好きか、硬い方が好きかでも選び方は変わりますし、さらにそこにスプリングの構造自体の違いも加わってきたりと、本当に悩んで困っちゃうんですよね。

結局何が決め手になるって・・・・・・
やはり寝心地でしょうかね。

と言うのが優秀な答え(笑)
実際に寝心地が良いなんて、お金を出せば出すほど良くなるように出来ているので、結局は懐次第。つまり価格で決める事になっちゃうんじゃないかなーと思うんですよね。

てか、それは実感。ま、稀に「高くても自分の好みじゃないベッド」というものもあるので一概には言えないんですけど。

やけにゴージャスでコテコテなベッドも嫌だし、かといってデザインにこだわってます~(キラン)なんて厚かましい主張をしまくるベッドも嫌。デコボコしていてホコリが溜まりそうなのも却下だし、あ、そうそう、フレームが高すぎるのも低すぎるのも嫌。

ベッドって探すまでは「どこにでもあるでしょ」って簡単に思ってるんですけど、いざ探し出すと本当に無いものなんです。
しかも探すほどに目も肥えてくるし、知識も増えてくる。
すると「このスプリングでこの値段は高いな」とか考え始めちゃって、さらに欲しいベッドが見つからなくなっちゃうんです。
そんな私は結局どこで買ったのかと言えば、やはり王道「フランスベッド」でした。

というのもたまたま見かけたフランスベッド販売の新聞広告だったか折込チラシだったかの「フランスベッド東京工場決算謝恩祭」情報から、えっちらおっちら東京は昭島市にあるフランスベッド東京工場内PRスタジオまで出かけていったわけなんです。

広い会場内には所狭しと置かれたベッド!
すごい数でした。
これだけの量はまず一気に見られる場所が無いので、本当に来て良かったと思えます。

で、それからあれこれと会場内を歩き回り考えまくるワケなんですけど、ホント自分の希望のベッドって見つからない!
わざわざ昭島市まで来たので、それならとシーツ類を買い捲りました(爆)
因みにこれは大HIT! フランスベッドのシーツがとにかくお安く買えるんですもん。大量購入しました。
で、じゃあこれだけ買って帰るかと肩を落としていたところ、店員さんが声を掛けてくれて、相談に乗ってくれて、そこから話がぽんぽん進み、スプリング決定、フレーム決定、その他付属品決定、そしておまけに羽毛布団まで買っちゃえ!みたいな勢いで次々と買い捲る買い捲る(爆)

やっぱりプロのアドバイスが受けられるだけでなく、比較する商品が沢山あるので決めかかると早いんですよね。
そしてなにより「安い」!
本当に良い買い物が出来たなーと大満足で帰路に着いたんです。


で、そんなお得情報が無いかなーと探していたんです。
というのも、そろそろシーツ類も買い換えたいな(買い増したいな)と思ったからなんです。本当に使い勝手が良いので、フランスベッドのシーツ類はオススメです。デザインも可愛いし★
ただ若干高いな~と思うので、多少でも安く買えると嬉しいじゃないですか。
するとなんとなんと、発見しました!

==========================================
フランスベッド東京工場決算謝恩祭

2007年9月1日(土)2日(日)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:フランスベッド東京工場内PRスタジオ
アクセス:JR青梅線 中神駅より徒歩5分
東京都昭島市中神町1148
※無料駐車場のご用意がございます

お問合せ: 0120-19-2604
※ご来場の際には招待状(無料)が必要です。
※招待状はご自宅で印刷する方法もございますので、お気軽にお申し込み下さい。
詳細は下記URLよりご確認下さい
http://www.bed.co.jp/tenjikai/show/d200309300077.html
主催:フランスベッド
==========================================

これですよ、これ!
まさにこれ!!
これは本気でオススメです。オススメ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HMV検索ボックス
オススメ
カテゴリ
最近のエントリ
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。