スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッチタイピングねぇ・・・

昨日のYahoo!ニュースにこんな記事があったんです。

約40%が「タッチタイピング」できる~タイピングに関する調査

この調査は10代~50代のインターネット ユーザー300人を対象に行ったものだそうなんですけど、正直思ったのは「そんな程度しか出来ないの?」というものでした。

各年代20%ずつで、男女比は50%ずつ。
各年代のパーセンテージが分からないんですけど、トータルで半数に行かない結果というのに正直びっくりしました。

しかもこの「タッチタイピングが出来る」という人の中には、ホームポジションが出来ずに指3本(親指と人差し指と中指)を使って行うという人が21.0%(63人)いるというので、本当に驚きました。
指3本で打てると言っても速度に限界がありますよね?
タッチタイピングって正確に速く入力する為のものだと思っていたので、私の認識では指3本の入力はタッチタイピングのカテゴリーではないんですよね。

周りを見回してもカチカチ入力する人ばかりだったので、本当にびっくりの調査結果でした。

因みに派遣社員として登録する際には「タッチタイピングが出来るかどうか」というのを必ずと言って良いほど確認されるようです。
そんなの当然なんじゃないの?って気もするんですが、事務や一般職(つまりOA機器に触る機会の多い職種)希望でも、案外タッチタイピングって出来ないみたいです。

派遣社員というと、私は古い考えなのか「仕事のプロ」というイメージが強いんです。
つまり自分のキャリアを武器にしてステップアップを繰り返している人というイメージ。ステップアップを繰り返さないまでも、その業務に関してはとても精通していて、スーパービジネスマンなんです。

そんなイメージありませんか?

派遣されてその職場で働くという、その働き方を選択している人は、普通のレベルじゃない何かを持っていると、私はそう思っているんです。(ちょっと憧れます)

最近は正社員にこだわらず、派遣社員を目指している人が増えているようですし、人事派遣業を通して「働く人全てがイキイキとした社会をつくる」ことを目指している派遣会社もあるみたいです。

求人 情報サイトの「キャレオホームページ 派遣のお仕事検索」とか。

一般的に名前を知っている派遣会社は勿論ですけど、こうした35年の歴史を持つ派遣会社であるからこそ、自分の働き方にピッタリとマッチした職場を提供してくれるという事もあると思うので、派遣に興味のある方は色々と研究されると良いのではないかと思います。
勿論、自分のスキルアップも忘れずに、ですけどね(笑)


※BloMotion・キャンペーン参加記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
HMV検索ボックス
オススメ
カテゴリ
最近のエントリ
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。