スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーアントワネット

知り合いが「とってもパワーを貰える映画だ!」と大絶賛していた、ソフィア・コッポラのマリーアントワネットを観てきました。

確かにWEB上でも「お菓子のような靴が可愛い」とか「カラフルなドレスが素敵」とか「ベルサイユ宮殿で撮影されたなんて凄い」なんていわれているのを目にしていたので、

そうか、そうか、そんなにすごいのか!

と思い、「観ておかないと!」と心に決めたワケなんです。
でも、正直なところ「どこが凄いんだろう?」と分からないまま観終わりました。
決して悪い映画だとも思わなかったんですけど、あまりにも現代的過ぎて私の好みではなかったです。
しかも期待していた「色彩」に関して言うならば、ビビッドさが無く枯れ果てたような印象を持ちました。
特に婚礼のあたりなど。

ああいったレースってホコリっぽくみえちゃうものなんだなというのを勉強しました。
映画のサイトを見ると凄くカラフルなフォトが沢山あるので、むしろ、映像をそういう乾燥した砂漠のようにしたのかな?とすら思えました。


ストーリーに関してはベルばら程度の知識でもあれば歴史的背景なんかを補完しつつ見ることが出来るので、逆に現代っぽさがしっくりこなかったのかなと思いました。
ホント、ただの現代の女の子でしたし。アントワネットが。
セレブな女の子が箱庭の中で、衆人環視の中、色あせた日々を精一杯面白おかしく生きたいと願っていました。みたいな感じ。
それが悪いって言うのではなく、ほんとそれだけだったというだけなので、どこをどうしたらそこからパワーを貰うのか謎・・・・・・


ところで、この映画を見て思い出したベルばらのワンシーン。
最後パリへと向かう馬車の中から、怒れる群集を見て恐怖から一晩で白髪になってしまったという逸話の部分。(確かそんな場面があったはず)

今回の映画を見ていると、民衆がどれほど貧窮していたのかなんて一切感じられない宮廷生活の中に身をおいていたマリーアントワネットを感じることが出来ました。(だからこそ、その後馬車から群集を見て恐怖のあまり一晩で白髪になってしまったという逸話もなるほどなと感じられる)
言うなれば、私にとってそこが今回の映画を見た中で一番の収穫だったのかもしれません!



そうそう。
この「マリーアントワネット」と開始時間が然程違わずに「硫黄島からの手紙」がやっていたんです。
劇場の係員の人に「硫黄島(いおうとう)からの手紙の上映館はどこですか」と聞いていた年配の男性がいたんです。
通常「いおうじま」と言われていますけど、やっぱり「いおうとう」が正式なんですよね。
歴史(というか、戦史)の勉強をしないと、と思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
HMV検索ボックス
オススメ
カテゴリ
最近のエントリ
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。