スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバティーン

映画『リバティーン』
公開日:2006年4月8日
待ってました、待ち望んでいました。
liver.gif

『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『チャーリーとチョコレート工場』のジョニー・デップが破天荒な放蕩詩人を演じた歴史ドラマがいよいよ上映されます!ブラボー☆
音楽はなんとマイケル・ナイマン。マイケル・ナイマンと言えば『ピアノ・レッスン』!
いやー、もう楽しみすぎてたまりません。

映画は、17世紀のイギリスに実在した放蕩詩人、ロチェスター伯爵の壮絶な一生の記録。
(あらすじ)
17世紀の英国。王(ジョン・マルコヴィッチ)に追放されたジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)は、3か月後に恩赦を受けてロンドンに戻ってくる。彼は悪友たちに自分がきわどい性描写にあふれた政府批判の詩を詠(よ)んで追放されたという武勇伝を聞かせるのだった。

破天荒な才覚と突飛な性向で周囲を畏怖させ、『17世紀のロック』との呼び声高いセクシーな伝説の男、だそうです、このロチェスター伯爵。
それをあのデップが演じる! いやはやたまりません、これは速攻映画館へ行かなくてはなりません!
写真を見るだけでも絵になっていて(そりゃデップだから当たり前)17世紀のイギリスというコスチュームプレイを見るだけでも垂涎物なのではないかなと思います。
脚本の冒頭3行を読んで出演を即決した。後にも先にも生涯で一度しかめぐりあわない作品。・・・とデップが言っていますので、ストーリーも期待満点。
彼のベタぼれしたストーリーと、このコスチュームプレイ、そこへやってくるのはマイケル・ナイマンの音楽。ああ、もう美しい映画である事は間違いない!(断言・笑)
早く見に行きたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これは

同じく絶っ対に見に行こうと思っています!ジョニー+コスチューム物ときておもしろくないわけがないっ!
が、県内での上演館がない・・・ということで今週水曜にお休みとって隣県の劇場に遠征の予定です。ついでにブロークバックマウンテンも見てくるつもり。プロデューサーズも見たいしクラッシュも気になるし、なんだか観たい映画が目白押しの春です~

見たい!

隣県まで遠征!素敵すぎます!!
私も足を延ばして見に行かないとならないので、いつ見られる事やら。本当に不便な場所です。
映画館は狭い場所ばかりでいつも満員だし、予約は出来ないし、見たい映画は来ないし・・・っと愚痴ばかりになってきたのでこの辺で(苦笑)
是非感想を聞かせてくださいねvv
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
HMV検索ボックス
オススメ
カテゴリ
最近のエントリ
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。