スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもめ食堂

『かもめ食堂』という映画をご存知ですか?

kamome.jpg

舞台は北欧、フィンランド。
原作は 群よう子 の書き下ろしによるもので、監督はデビュー作『バーバー吉野』で2003年ベルリン国際映画祭児童映画部門特別賞を受けた 荻上直子
そして、出演陣には小林聡美・片桐はいり・もたいまさこに加え、『過去のない男』で主演を演じたマルック・ペルトラをキャスティング。 そんな豪華出演陣が女性監督ならではの視点で、心地よいフィンランドの日常を切り取ります。

・・・との事です。

<ストーリー>
ぷっくり太ったカモメたちがゆるりと青空を飛ぶ、北欧の港町ヘルシンキ。
その町の片隅に小さな食堂がひっそりたたずんでいました。そこは日本人女性サチエ(小林聡美)が店主をつとめる『かもめ食堂』。看板メニューはおにぎり。しかし、来る日も来る日もお客さんは来ない。唯一来るお客さんといえば日本おたくのフィンランド青年“トンミ・ヒルトネン”くらい。

さてさて、詳しい内容はオフィシャルサイトでご覧下さい⇒http://www.kamome-movie.com/

北欧といえば最近何かと話題が多いですが、やはりあそこは家具やデザインが優れていると思うのです。
北欧特有の気候で木は固くしまり家具製造には非常に適した環境だと言われていますし、世界でも有数の家具製造国ですよね。あの優しい木の温もりが他の家具との調和も取りやすいので、ブームにもなったのかなと思います。
映画公開記念で北欧のライフスタイルショップ「イルムス」とのコラボレーション展開もあるようなのでこちらも楽しみですよね。
(2月21日~3月20日 @イルムス丸の内、イルムス池袋、イルムス梅田他)

『かもめ食堂』 2006年3月11日公開
公式HP⇒(http://www.kamome-movie.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

タイトルを

最初に見たとき、「あー行ったことある洋食屋さんだ~」と思ったおばかなヤツです。(←どうやら「つばめグリル」と勘違い)
これまたおもしろそうな映画ですね、女優陣がクセがあってよさげです!ロケーションも楽しみ☆近くでの公開が待たれます。

劇場

確かにつばめグリルと似ていますね!言われて気づきました(笑)
フィンランドとおにぎりという組み合わせがなんとも不思議で、なんとなく気になる映画です。
でも本当に劇場が限られてしまうので当分は見ることが難しそうです。残念。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
HMV検索ボックス
オススメ
カテゴリ
最近のエントリ
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。