スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと驚いた

知り合いがそうする事は分かっていたし、そうする方法を教えたのは私だったけれど、まさか「対」で作るとは予想外だった。
なのでソレを知った時、正直凹んだ自分が居て、でも良く考えると凹む位ならば初めからソレを教えなければ良かった訳で、結果自業自得だと思い考えない事にした。
別の友達はソレにより傷つくだろうから言うべきかどうするべきか悩み、結局私は言えなかった。言わずに何事も無ければ良いと思ったけれど、ソレは登場してしまった。
しかし彼はとても優しいな・・・・・・と私は感じた。
目にする部分には決してはっきりと分からないようにしている。
渡した子は分かっているし、そうでない子も無意味に傷つくことは無い。凄いな、さすがだな・・・・・・と思った。
でも良く考えると、ではその前の時も同様だったのでは?という疑問が浮かぶ。それは彼のみぞ知る事で、今回偶々私がそれを知ってしまっただけ。
微妙に怖いな、と感じた。
そして「対」の方はと言えば。
実際私はそっちの始末のつけ方こそ気になっていたけれど、彼は非常に彼らしいやり方で表現していた。
凹む事は無かったけれど、少しさびしかった。
思いの無い方が、思いを入れたものよりも綺麗に輝いて見えたから。
優しさは十分感じられたけれど、やはりそろそろ限界かもしれない。たとえどれだけくだらない物であっても、思いが入れば情がわく。情が執着になりそうで危険だな・・・・・・と思う。
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
HMV検索ボックス
オススメ
カテゴリ
最近のエントリ
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。